櫻田潤プロフィール

櫻田潤

櫻田 潤(さくらだ・じゅん)

インフォグラフィック・エディター

東京生まれ。学習院大学経済学部卒。プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、仕事のかたわら、個人プロジェクトとして2010年よりビジュアルシンキングを運営。あわせて趣味でインフォグラフィックのデザインも始める。

当時、インフォグラフィックを日本で作る人が少なかったため、サイトに掲載していた作品を見た人からデザインの依頼が入るようになる。『WIRED』のプリント版向けグラフィック制作、『ハフィントン・ポスト』や『TechCrunch』の媒体プレゼンテーション資料デザインなどを手がけた。

2014年より、NewsPicksにインフォグラフィック・エディターとして参画。ビジュアルを用いた記事を多数、執筆デザイン。

著書に『たのしい インフォグラフィック入門』(2013年)、『シンプル・ビジュアル・プレゼンテーション』(2015年)、『図で考える。シンプルになる。』(2017年)。

たのしいインフォグラフィック入門
図で考える。シンプルになる。

デザインの実績

モバイル・インフォグラフィック

2014年12月より参画したNewsPicksでは、モバイルに最適化した縦スクロール型のインフォグラフィックを多数編集・デザイン。

NewsPicks モバイル・インフォグラフィック 事例 1

モバイル・インフォグラフィックのデザイン事例を見る

インフォグラフィック

モバイル・インフォグラフィックに限らず、PCや紙媒体向けのインフォグラフィックもデザイン。

関ヶ原の戦い インフォグラフィック

インフォグラフィックのデザイン事例を見る

プレゼンテーション

ハフィントン・ポスト日本版ローンチの際には、初期の媒体プレゼンテーション資料をデザイン。ほかにもTechCrunch、Engadget、AOLなどの媒体プレゼンテーション資料をデザイン。

ハフポ プレゼン資料 デザイン 1

プレゼンテーションのデザイン事例を見る

スライドストーリー

NewsPicksでは、縦スクロール型インフォグラフィックのほかに、「スライドストーリー」と名付けたスライドを縦に並べてテンポよく情報を伝えるフォーマットの記事も編集・デザイン。

NewsPicks スライドストーリー

スライドストーリー事例をすべて見る

座右の銘

水到りて渠成る

趣味

絵を描くこと、、ライブに行くこと、本を読み、映画を観ること。ストーリーを編むこと。

好きな漫画

『ジョジョの奇妙な冒険』、手塚治虫の『新宝島』と初期SF三部作(『ロストワールド』『メトロポリス』『来るべき世界』)、『モンスター』『20世紀少年』『ビリーバット』。

好きな小説

『檸檬』(梶井基次郎)、『歯車』(芥川龍之介)、『人間そっくり』(安部公房)、『1984』(ジョージ・オーウェル)

好きな映画

『ソーシャル・ネットワーク』『バニラ・スカイ』『チャッピー』『ウォールフラワー』『アバター』『セブン』『パーティで女の子に話しかけるには』『ズートピア』

好きなミュージシャン

レディオヘッド、ブラー、オアシス、R.E.M.、クーラー・シェーカー、デヴィッド・ボウイ、スウェード

好きな映画監督

デヴィッド・フィンチャー、ダニー・ボイル、ガス・ヴァン・サント、ラース・フォン・トリアー、ケン・ローチ、ニール・ブロムカンプ、クリストファー・ノーラン

好きなアーティスト

ジュリアン・オピー、ピート・ファウラー、スタンリー・ドンウッド、ロイ・リキテンスタイン、アンディ・ウォーホル、ディック・ブルーナ、フィンセント・ファン・ゴッホ、サルバドール・ダリ

好きなデザイナー

ポール・ランド、ピーター・サヴィル、M/M Paris、Designers Republic、ノーマ・バー、Pentagram

好きな起業家

エヴァン・ウィリアムズ、ジョナ・ペレッティ、イーロン・マスク