MoMAが公開。アーティスト関係を可視化したインタラクティブ作品

ピカソも含まれる抽象芸術(1910~1925年頃)アーティストの関係を可視化したインタラクティブ作品「Inventing Abstraction」を紹介します。

インタラクティブ データ視覚化 Inventing Abstraction 1

MoMAで開催されるエキシビション「Inventing Abstraction, 1910-1925」(2012年12月23日〜2013年4月15日)にあわせて制作されたものです。

アーティスト名にマウスをのせると、ネットワークが強調されます。

インタラクティブ データ視覚化 Inventing Abstraction 2

アーティスト名をクリックすると、関係する部分だけが切り出され、右側にはアーティスト概要や作品が表示されます。

インタラクティブ データ視覚化 Inventing Abstraction 3

作品をクリックすると、画像と作品概要を見れます。

インタラクティブ データ視覚化 Inventing Abstraction 4

アーティスト名一覧から情報を探すこともできます。

インタラクティブ データ視覚化 Inventing Abstraction 5

表計算ソフトで、関係の重み付けをして、元データを作っています。

インタラクティブ データ視覚化 Inventing Abstraction 6

インタラクティブ データ視覚化 Inventing Abstraction 7

そのデータを使って、(たぶん)なんらかのプログラムでラフ画像を作り、Illustratorでデザインをつめていったようですね。

インタラクティブ データ視覚化 Inventing Abstraction 8

インタラクティブ データ視覚化 Inventing Abstraction 9

インタラクティブ データ視覚化 Inventing Abstraction 10

インタラクティブ データ視覚化 Inventing Abstraction 11

インタラクティブ データ視覚化 Inventing Abstraction 12

静止グラフィックをインタラクティブ化し、完成です。
MoMA | Inventing Abstraction

実際の展示会場壁面にもこのグラフィックは使われています。

インタラクティブ データ視覚化 Inventing Abstraction 14

インタラクティブ データ視覚化 Inventing Abstraction 15

via VISUAL NEWS