ピックアップ

大統領就任演説の頻出単語は?ニクソンからオバマ大統領までを可視化

アメリカ大統領(第37代ニクソン〜45代オバマ)就任演説で頻出する単語を可視化した作品「American Presidents Inaugural Speeches」を紹介します。

American Presidents Inaugural Speeches

アメリカ大統領就任演説 頻出単語 可視化 1

「AMERICA」「WORLD」「NEW」「NATION」「PEOPLE」がよく登場するようですね。

文字背景の色は、大統領別の使用割合を示しています。

アメリカ大統領就任演説 頻出単語 可視化 2

「AMERICA」を見ると、オレンジ(ニクソン)、ピンク(クリントン)、水色(ブッシュ)の幅が広いのが見てとれます。

政党別に色分けして表示することもできます。

アメリカ大統領就任演説 頻出単語 可視化 3

赤が共和党で、青が民主党を示しています。

制作したのは、Santiago Ortiz氏。
Santiago Ortiz

ほかにもインタラクティブなビジュアライゼーション作品を発表しています。
[ポートフォリオはこちら]

Santiago Ortiz ポートフォリオ

ドラマ「LOST」を題材にした作品「Lostalgic」

Lostalgic 1

Lostalgic 2

4,000年の歴史年表(元画像は1931年にJohn B. Sparks氏が作成)の各世紀とWikipedia記事をひも付けした「Histomap Revisited」

Histomap Revisited

プロフィール

櫻田潤

櫻田 潤

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキング運営開始。2014年12月よりNewsPicks編集部でインフォグラフィックス・エディターとして記事執筆。研修・インベント講師や書籍執筆も行なっている。著書に『たのしいインフォグラフィック入門』ほか。

07 Feb, 2013