ピックアップ

インフォグラフィック表現のヒント「デザインあ」展

「デザインあ」展

先週、「デザインあ」展に行ってきました。

「デザインあ」はNHK Eテレで放送する教育番組で、同番組コンセプトを展示会形式で実際に見て触れて体験できる形に展開したのが「デザインあ」展です。

今回は「デザインあ」展の展示から2作品を紹介します。
いずれも「インフォグラフィック」や「データ・ビジュアライゼーション」表現のヒントになる作品です。

お寿司の解散

お寿司の構成要素を分解して、お寿司がどのような要素で作られているかを伝えています。

デザインあ展 お寿司の解散

なんでも100円分

100円分で買えるいろいろなモノの分量を実際に並べ、「=」でつないで比較して伝えています。

デザインあ展 なんでも100円分

わかりやすく、表現に無駄がないため、鑑賞する人が「対象」に集中できます。

どちらも目を惹きますが、インパクトを出すためのデザインではなく、わかりやすく伝えることを目指した結果、この形にたどり着いたのだと思います。

「わかりやすさ」と「表現の面白さ」が両立されたデザインで、参考になります。

展示は6月まで開催しているので、実際に足を運んで体験してみることをおすすめします。
「デザインあ」展

プロフィール

櫻田潤

櫻田 潤

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキング運営開始。2014年12月よりNewsPicks編集部でインフォグラフィックス・エディターとして記事執筆。研修・インベント講師や書籍執筆も行なっている。著書に『たのしいインフォグラフィック入門』ほか。

25 Feb, 2013