特別企画

【ドラッカー図解】人と労働のマネジメント

ドラッカー著『マネジメント【エッセンシャル版】』を図解するシリーズ。シリーズ目次はこちら

前回の記事では、「生産性向上の条件」について図にしました。今回は、「人と労働のマネジメント」についてまとめます。

ドラッカーは、ダグラス・マグレガーのX理論とY理論はどちらも「支配」が基礎になっていると言います。X理論とY理論とはどんなものか、それから、それらに代わるものは何なのか、図解してみます。

図39: 人と労働のマネジメント

ドラッカー「マネジメント」図解39

ドラッカーはY理論は「心理操作による支配」だと言っています。

極端かもしれませんが、Y理論は「人は意欲的」と定義することで、人を心理的に追いつめます。「機会」を与えたのだから、それを活かせないのは君の問題だよ、と。

たとえば、ある人に権限や予算を与えたなら、あとは良い方向に進めてくれるはずだ、悪い方向に進むとすればそれはその人に欠陥がある、マネジメントは悪くない、と思えるのがY理論で、ドラッカーはY理論の見方は「根本において人をばかにしている」と表現しています。

X理論も同様で、「人は怠惰」と定義し、人を「ばか」にしています。そこでドラッカーは人を「ばか」にするのではなく、「尊敬」を基礎とすべきだと述べています。

仕事のうえの人間関係は、尊敬に基礎を置かなければならない。

図40: 尊敬に基礎を置いたマネジメント

ドラッカー「マネジメント」図解40

Y理論との違いは、「尊敬」と「責任の組織化」です。

上の図から「尊敬」が抜けたり、「責任の組織化」ではなく「権限の組織化」を目指したのであれば、「Y理論」よりも不完全なものとなります。

次の記事:【ドラッカー図解】 責任と保障

【ドラッカー図解】シリーズ目次

プロフィール

櫻田潤

櫻田 潤

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキング運営開始。2014年12月よりNewsPicks編集部でインフォグラフィックス・エディターとして記事執筆。研修・インベント講師や書籍執筆も行なっている。著書に『たのしいインフォグラフィック入門』ほか。

15 Sep, 2010