データ・ジャーナリズム: 米テロ事件(1970〜2011年)マッピング

アメリカで起きたテロ事件(1970〜2011年)を地図にマッピングした視覚化作品「US terror attacks 1970-2011 mapped」を紹介します。

インタラクティブ・インフォグラフィックで時系列にテロ事件の発生推移を追えます。
US terror attacks 1970-2011 mapped

黄色い円の位置はテロの発生場所、サイズは被害者の数を表しています。

1970年

小規模なテロ事件が点在しています。

データジャーナリズム アメリカ テロ事件 1

1995年

中央に現われた大きな円は「オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件」で、9・11前のアメリカ最大被害のテロ事件だそうです(Wikipedia参照)。

データジャーナリズム アメリカ テロ事件 2

2001年

9・11発生で、さらに大きな円が現われます。

データジャーナリズム アメリカ テロ事件 3

2011年

1970年から2011年までに2,000件を越えるテロ事件が起きています。
アメリカのいたるところで被害が発生していることがわかります。

データジャーナリズム アメリカ テロ事件 4

そして先日もボストンでテロが発生しました。
許せない非道な行い。

プロフィール

櫻田潤
櫻田 潤(さくらだ・じゅん)

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキングを運営。あわせて、インフォグラフィックのデザインも始める。2014年、NewsPicksにインフォグラフィック・エディターとして参画。ビジュアルを用いた記事を多数、執筆デザイン。2017年よりNewsPicksのクリエイティブを統括。著書に『たのしい インフォグラフィック入門』『図で考える。シンプルになる。』ほか。