米全国紙「USA TODAY」のリブランディングとインフォグラフィック・ガイドライン

USA TODAY リブランディング 1
image by Wolff Olins

アメリカの全国紙「USA TODAY」がロゴをはじめ、ブランド刷新しました。
全体のブランディングを「Wolff Olins」、コンテンツで使用する図版やビジュアライゼーション、インフォグラフィックのガイドライン策定を「Column Five」が受け持ちました。

USA TODAY

USAトゥデイは、色彩豊かで活字も大きく、図解、図表や写真をふんだんに盛り込んでおり、1980年代に、ウォールストリート・ジャーナル(208万部)やニューヨーク・タイムズ(103万部)などの、味気ない文字ばかりの新聞の代替物の提供を旗印にして発刊された。この新聞は、商業的には成功を収めているが、人を見下すような論調をもち、ニュースを卑小化する傾向があるとの批判をする者もいる。
散文体が特徴で、文中に従属節をほとんど用いず、1パラグラフ中には、通常は3以上の短文を用いない。その結果、創刊当時は、他紙と比較されマクドナルドになぞらえて、「マックペーパー」(「マック新聞」)と揶揄されていたこともある。それでも、カラー紙面、図表や重くない記事などのスタイルは、他の新聞、雑誌に真似されている。
Wikipedia

ロゴは、「円」部分にグラフィック要素を組み合わせられるほか、色を変えられるようになっています。

USA TODAY リブランディング 2
USA TODAY リブランディング 3
image by Wolff Olins

USA TODAY リブランディング 4
image by Wolff Olins

ビジュアルコンテンツのガイドライン

USA TODAY リブランディング 5
image by Column Five

USA TODAY リブランディング 6
image by Column Five

USA TODAY リブランディング 7
image by Column Five

USA TODAY リブランディング 8
image by Column Five

おすすめの本

「Column Five」メンバーが書いた本で、インフォグラフィック制作や活用に役立つ内容です。

プロフィール

櫻田潤
櫻田 潤(さくらだ・じゅん)

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキングを運営。あわせて、インフォグラフィックのデザインも始める。2014年、NewsPicksにインフォグラフィック・エディターとして参画。ビジュアルを用いた記事を多数、執筆デザイン。2017年よりNewsPicksのクリエイティブを統括。著書に『たのしい インフォグラフィック入門』『図で考える。シンプルになる。』ほか。