どの産業が有望?アメリカ地域別ジョブ成長予測マップ

どの産業がどの地域で成長分野なのか?
米メディア「USA TODAY」が公開するジョブ成長予測マップ「Where the Jobs Are」を紹介します。
Where the Jobs Are

格付け機関「ムーディーズ」の分析をもとにしています。

2013年第1四半期(Q1)

前期と比べて、プラス成長の地域が緑、マイナス成長の地域が赤で表現されています。

アメリカ 仕事 2013 Q1

やや緑が目立ちます。
全産業で見た場合に、前期比「+0.4%」。

左側のメニューで産業を絞り込むと違った結果になります。

情報産業(2013年第1四半期)

赤が目立ちますが、前期比ではこれでも「+0.6%」。

アメリカ 仕事 2013 Q1 情報産業

最低地域はミシガン州モンロー郡で、-54.7%。

アメリカ 仕事 2013 Q1 情報産業 ミシガン

小売業(2013年第1四半期)

成長率は-4.9~8.5%となっていて、情報産業と比べて、振り幅が小さいです。

アメリカ 仕事 2013 Q1 小売業

面白いのは、過去との比較です。
2010年第4四半期をそれぞれ見てみましょう。

情報産業(2010年第4四半期)

2013年第1四半期同様マイナスが大きいですが、プラスがそれにまさる点が異なります。

アメリカ 仕事 2010 Q4 情報産業

小売業(2010年第4四半期)

2013年第4四半期と比べて、赤が目立ちます。

アメリカ 仕事 2010 Q4 小売業

未来予測は?

情報産業(2014年第4四半期)

アメリカ 仕事 2014 Q4 情報産業

小売業(2014年第4四半期)

2014 Q4 小売業

「USA TODAY」の視覚化プロジェクトのガイドラインは、インフォグラフィック制作プロダクションの「Column Five」が策定。
米全国紙「USA TODAY」のリブランディングとインフォグラフィック・ガイドライン