ピックアップ

ビートルズに関する情報を視覚化して一冊の本に。Visualising The Beatles

ビートルズに関する本は世にたくさんありますが、John Pring氏が作ろうとしているのは従来の本とは趣向が違います。

インフォグラフィック、データ・ビジュアライゼーションの手法を取り入れて、13のアルバムについて視覚的にまとめようとしています。

Visualising The Beatles

ビートルズ 視覚化 本 Visualising The Beatles 1
image by Kickstarter

Kickstarterで支援募集しているプロジェクトで、6,000ポンド(約100万円)が集まっています。

ビートルズ 視覚化 本 Visualising The Beatles 2

まずは第1章として1stアルバム「Please Please Me」に関して限定プリントを作成するつもりとのこと。

視覚化の候補は、
・曲の構造に関する情報(曲の長さ、拍子、キーなど)
・演奏に関する情報(誰がどの楽器を演奏したか、誰がボーカルをとったかなど)
・チャートに関する情報(アルバム・チャート、シングル・チャートなど)

ビートルズ 視覚化 本 Visualising The Beatles 3
image by Co.Design

一枚もののインフォグラフィックではなく、複数をまとめて本になっていると楽しそうですよね。

インフォグラフィック本の試みは、以前紹介したものだと、
インフォグラフィック表現を取り入れたベトナム政治ガイド本

プロフィール

櫻田潤

櫻田 潤

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキング運営開始。2014年12月よりNewsPicks編集部でインフォグラフィックス・エディターとして記事執筆。研修・インベント講師や書籍執筆も行なっている。著書に『たのしいインフォグラフィック入門』ほか。

16 Jan, 2014