インフォグラフィックの話題

Googleのアイコンデザイン思想を学ぶ

Googleが公開しているデザイン・ガイドラインのアイコンに関するところを読みました。
Icons – Style -Google design guidelines

アイコンのデザイン・ガイドラインの対象は、「プロダクト・アイコン」と「システム・アイコン」の2つがあり、デザインする上で注意を払うことや、原則がまとめられています。

プロダクト・アイコン

「プロダクト・アイコン」はGmailやGoogle Mapなどサービスそのものに用いられ、サービスの特性や違いを伝えるものです。

Google デザイン ガイドライン 1
image by Google

システム・アイコン

一方「システム・アイコン」は、ユーザインタフェースに用いられるもの。
「プロダクト・アイコン」と比べて、小さいサイズでの使用、単色での使用の想定が必要。

Google デザイン ガイドライン 2
image by Google

作りの違い

「システム・アイコン」がフラットな作りなのに対し、「プロダクト・アイコン」の方が複雑で、五層のパーツが重ね合ってできています。

Google デザイン ガイドライン 3
image by Google

紙のプロトタイプで、質感や影を検証しているそう。
(ペーパープロトタイピングは、デザインを単純化するのにも役立っていると思う)

Google デザイン ガイドライン 4
image by Google

両アイコンに共通するコンセプト

「プロダクト・アイコン」「システム・アイコン」で見た目と構造の複雑さに違いはありますが、共通するコンセプトもあります。

両方のアイコンの解説文に登場するキーワードが、「Simple」「Bold」「Friendly」の3つ。

Google デザイン ガイドライン 5

僕が思う「Bold」のイメージは、力強くも温もりのある「太さ」。
存在感を感じさせる「太さ」。

Google デザイン ガイドライン 6
image by Google

デザインの原則「グリッド」と「キーライン」

デザインする上の細かいキーワードには、「Geometry(幾何学)」「Consistency(一貫性)」が挙がっています。

このデザインを実現するために「グリッド」と「キーライン」という考え方が基本原則としてあります。

アイコンのデザインは、48×48のマス目(グリッド)と、対角線や矩形などいくつかのキーラインと呼ばれる線に沿って行います。

Google デザイン ガイドライン 7

特にアイコンの土台になる形状は、4つ「Keyline shapes」として定められていています。

Google デザイン ガイドライン 8

このようにルールに基づいてデザインパーツが配置されることで、アイコン同士のデザインに一貫性/統一感が生まれます。

「Google design guidelines」は彼らのデザインのアルゴリズムが学べるので貴重な資料。

僕がアイコンをデザインする上でも、使うデザインパーツを限定したり、グリッドに従ってデザインするので、自分のやり方に自信がつきました。
その一方で、「キーライン」の設定がまだ甘かったと気がつくことができました。

公開後、数ヶ月経っていますが、見てよかった!
(参考)アイコンデザインの参考に。GoogleのUIパーツ・ガイドライン資料

  • 25 Nov, 2014