食品の食塩使用量を表現したインフォグラフィック「Salt Mountains」

食品にどれだけ塩が使われているかを表現したインフォグラフィックを紹介します。

Salt Mountains

Salt Mountains
Salt levels in our food | GDS Publishing

赤い山はファーストフードに使われている塩の量を示しています。

Salt Mountains 2

バーガーキングのトリプルホッパーは1590mgの塩が使われており、隣のウェンディーズのダブルチーズバーガー(1440mg)、マクドナルドのビッグマック(1040mg)より大きな山で表現されています。

Salt Mountains 3

ピンク色の山はスープ類、茶色の山はソース類など、色によって食品の種類が区別されています。

このインフォグラフィックで表現されている内容は恐ろしいものですが、量を比較する際、棒グラフではなく、「山」にして比べてみるだけで随分と印象が変わります。

プロフィール

櫻田潤
櫻田 潤(さくらだ・じゅん)

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキングを運営。あわせて、インフォグラフィックのデザインも始める。2014年、NewsPicksにインフォグラフィック・エディターとして参画。ビジュアルを用いた記事を多数、執筆デザイン。2017年よりNewsPicksのクリエイティブを統括。著書に『たのしい インフォグラフィック入門』『図で考える。シンプルになる。』ほか。