100サービス以上掲載「スタートアップのアイデア・マトリクス」紹介

電子書籍定額読み放題サービス「Oyster」共同創業者で、投資家のエリック・ストロンバーグ氏がMediumに「The Startup Idea Matrix」と題した記事を投稿しました。

Medium スタートアップ アイデア マトリクス

エリック・ストロンバーグ氏が創業したOysterは2015年にGoogleが買収、彼はそのままGoogleに残り、LinkedInプロフィールによれば、Google Playのニューヨークチーム・リーダーとなっています。

2016年9月に、Google公式ブログに、プロダクト・マネージャーとしてGoogle Play Booksに関する投稿があります。
Google Play Books invites you to “Discover” a world of reading

スタートアップのアイデア・マトリクス

彼がMediumに投稿したマトリクスは、Google Spreadsheetでフルバージョンが公開されており、誰でも閲覧できます。
Startup Idea Matrix(フルバージョン)

マトリクスには100以上のスタートアップがマッピングされています。

縦方向は業界・ジャンル(旅行、ファッション、教育など)の分類を示し、横方向はサービス特徴(定額モデル、マーケットプレイス型、モバイルネイティブなど)を示しています。

スタートアップ アイデア マトリクス 1

たとえば、Uberであれば「交通」と「オンデマンド」、Instagramであれば「写真」と「モバイルネイティブ」がクロスしたところに置かれています。

スタートアップ アイデア マトリクス 2

マトリクスを縦方向に見ていくと、すでにいろんな業界に展開されているサービスコンセプトがわかります。たとえば「マーケットプレイス型(原文:Create a marketplace)」はebay、airbnbをはじめ、12分野で該当サービスが載っています。

スタートアップ アイデア マトリクス 3

また、横方向に見ていくと、様々なサービスコンセプトに適応する業界が見えてきます。たとえば、「教育」を横に見ていくと、以下の4サービスがあります。

スタートアップ アイデア マトリクス 4

(1)UDACITY

無料オンライン教育プラットフォームの「UDACITY」は「教育」×「無料(原文:Make a paid product free or very cheap)」。

udacity 無料オンライン教育プラットフォーム

(2)MASTERCLASS

著名人によるオリジナル独占講座を持つ「MASTERCLASS」(「Netflix」の教育版)は、「教育」×「独占オリジナル(原文:Produce original and exclusive content)」。

masterclass オリジナル独占講座

ケヴィン・スペイシー、ダスティン・ホフマンによる演技講座、セリーナ・ウィリアムズ選手によるテニス講座、作家のジェイムズ・パタースンによる執筆講座などがあります。

(3)luminosity

脳トレプログラムを配信する「luminosity」は、「教育」×「モバイルネイティブ(原文:Build it as mobile-native)」。

lumosity 脳トレ プログラム

(4)Altschool

生徒の学習状況にパーソナライズしたカリキュラムを組む小規模学校「Altschool」は、ここまでの3つと違ってオフラインの学校とオンラインの支援を組み合わせたサービスで、マトリクスでは「教育」×「フルスタック型(原文:Create a fullstack offering)」で紹介されています。

altschool パーソナライズ 学校

教育分野が気になったので、ひとつひとつ見ていきましたが、マトリクスには知らないサービスもたくさん載っていて、参考になります。
The Startup Idea Matrix

プロフィール

櫻田潤
櫻田 潤(さくらだ・じゅん)

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキングを運営。あわせて、インフォグラフィックのデザインも始める。2014年、NewsPicksにインフォグラフィック・エディターとして参画。ビジュアルを用いた記事を多数、執筆デザイン。2017年よりNewsPicksのクリエイティブを統括。著書に『たのしい インフォグラフィック入門』『シンプル・ビジュアル・プレゼンテーション』