ハイテク社会に妖怪は必要か(『21世紀の民俗学』を読んで)

21世紀の民俗学

はじめに

「河童に選挙権を!」

以前WIREDにこんなタイトルの記事があって、記憶に残っていました。民俗学者の畑中章宏さんによる執筆記事で、「死者の政治参加」を提言しています。

それまで「民俗学」に強い興味をもったことのなかった僕ですが、この記事を読んで、「こういう視点で社会を見るのか!」と新鮮に感じたものです。

記事の切り口に加えて新鮮だったのが、WIREDのような、テクノロジー、イノベーションを主軸にした媒体で「民俗学」が語られていることです。

この畑中さんの連載が書籍化されたと知り、また新鮮な視点を味わいたくて、読んでみました。

21世紀の民俗学 畑中章宏

「感情」のまなざし

そもそも「民俗学」がどんなものかよくわかっていなかった僕は、漠然と、古くから伝わる伝説や伝承、しきたりといったことを扱う、どちらかというと枯れた学問だと思っていました。

ところが、『21世紀の民俗学』はのっけから、なんか違う。

わたしにとっての民俗学とは、まず「感情」を手掛かりに、さまざまな社会現象に取り組む姿勢のことである。(『21世紀の民俗学』より)

この考え方のもとでは、伝統行事や妖怪は、過去に生きた人の「感情」、現在を生きる人たちの「感情」が反映された存在として扱われます。

21世紀の民俗学 感情 妖怪

こう捉えると、「民俗学=古くさい」というのは間違いで、未来を理解するのにも使える学問だとわかります。「感情」は歴史上の1シーンのようには切り取れず、過去から現在、現在から未来へと脈々と受け継がれていくものだからです。

「民俗学」が過去にとどまる学問ではなく、未来にも繋がるものと知って、『21世紀の民俗学』がWIREDに掲載された理由、話題がポケモンGO、『君の名は。』、宇宙に及ぶ理由も腑に落ちます。

大量のデータが記録され、データ主義になりがちな世の中で、測定できない「感情」のまなざしは、もやもやを許容し、社会に優しさをもたらすもののように感じられます。

妖怪は特定の個人や家族を越えて、人びとを「もやもや」させるために生まれてくるのである。日常と非日常のあいだに開いた落とし穴に人びとを連れ込み、恐怖と滑稽の感情を人びとに抱かせるために現れるのだ。そうした状況が社会に必要になったとき、妖怪は登場するのである。(『21世紀の民俗学』より)

『21世紀の民俗学』は「ザシキワラシと自撮り棒」「すべての場所は事故物件である」といった16のトピックで構成されています。その中から、ひとつトピックを選んで語るとしたら次の話になります。

機能美と装飾美

お決まりの行事みたいなものが苦手で、参加するのもつらい、参加しないのもなんだか後ろめたい、こんなジレンマに悩んで生きてきました。そんな人間からすると、祭の「機能美」の話が面白かったです。

いまではわからなくなっていても、原因や理由のない祭は存在しない。こういった行事に美しさが伴っているとすれば、それは「機能美」にほかならないのだ。(中略)機能によって成り立ち存続してきたものは、使用目的が失われたとき、その役目について検討されざるを得ない。(『21世紀の民俗学』より)

たとえば、豊作の祈願、安全の祈願、厄災の回避などが行事の目的であり、それ自体に機能がありました。しかしその役割が社会の変化で薄れてくると、続ける意味も失われていく。

「機能美」で成り立っていたものから、それを取り除くと何が残るか。

21世紀の民俗学 機能美 装飾美

機能の役割が終わると、「装飾美」だけが取り残され、空っぽの器みたいになります。「装飾美」だけになった行事に、参加する価値がどこまであるのか。

いくら華やかな行事でも、一度参加すればたいていは満足します。

そこで、飽きられないようにと、主催者側は装飾を付け加えたり、着せ替えたりして、さらに本質(機能美)から遠ざかる。

21世紀の民俗学 装飾美

こういった話は僕が仕事にするデザインの世界でも陥りがちな話。美の中心にある「機能美」、その機能を求めた「感情」のありかを見つめ直すことの意味をあらためて感じさせてくれます。

おわりに

後ろ向きの学問と思われがちな「民俗学」に「21世紀の」を冠することで、耳目を引きつけることができるのではないか。(『21世紀の民俗学』より)

タイトルについて、こんな由来が明かされています。まさにそこが気になって、読み進めましたが、時代性を感じる内容でした。

本を読むのと同じ頃、Facebookのマーク・ザッカーバーグとTeslaのイーロン・マスクが人工知能をめぐり、異なる考えを示していました。
参考:AIは人間殺せるだけの知性持つか、FBとテスラCEOが舌戦(ロイター)

それから、Googleが「ハイテク業界における男女不平等は、生物学的な違いが原因」とする社内文書を作成した社員ジェームス・ダモアを解雇。
参考:米グーグル、多様性否定する文書作成した社員を解雇(ロイター)

こういう意見含めて認めるのが多様性とする考えを持つ人、多様性にも範囲があるとGoogleを支持する人の間に、隔たりが生まれています。
参考:アングル:グーグル「メモ職員」、解雇に揺れるシリコンバレー(ロイター)

人工知能に関するすれ違い、多様性に関するすれ違いからは、テクノロジーや社会の変化に、倫理観やガイドラインが追いついていない状況が伺えます。異なる考えの間には、いろんな「感情」が流れ込んだもやもや地帯があるように思います。

21世紀の民俗学 妖怪

このもやもや地帯の正体が河童やザシキワラシのような妖怪だと考えると、もう少し今の状況と付き合い易くなります。

人工知能、多様性に限らず、「宇宙は誰のもの?」「亡くなった方のSNSはどう扱う?」「通貨はこれからどうなる?」といった21世紀的な問題に対して、「民俗学」が明快な解決策になるとまでは思わないものの、「民俗学的な視点」が双方の仲立ちになる可能性を感じました。

これからのハイテク社会においても、妖怪は必要だし、むしろ役割が増える。そんな風に思いました。

21世紀の民俗学 畑中章宏

プロフィール

櫻田潤
櫻田 潤(さくらだ・じゅん)

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキングを運営。あわせて、インフォグラフィックのデザインも始める。2014年、NewsPicksにインフォグラフィック・エディターとして参画。ビジュアルを用いた記事を多数、執筆デザイン。2017年よりNewsPicksのクリエイティブを統括。著書に『たのしい インフォグラフィック入門』『図で考える。シンプルになる。』ほか。