【ドラッカー図解】ブレない意思決定を行うために必要なこと

本記事は、2010年4月公開の記事をアップデートした内容です。

ドラッカー著『マネジメント【エッセンシャル版】』を図解するシリーズ。シリーズ目次はこちら

意思決定がブレると、たくさんの資源を無駄にしてしまいます。では、組織の意思決定はどこで行われるのでしょうか?

意思決定を行う機関として真っ先に浮かぶのはトップマネジメントです。しかし、すべての意思決定をトップマネジメントのみで行なっているわけではありません。組織に階層があるように、意思決定にも階層があります。大なり小なりの意思決定が、組織の各階層で行われます。

ドラッカー マネジメント 図解 意思決定 1

その時、トップから現場まで各階層の意思決定に整合性がとれていないと、人間で言えば上半身と下半身がバラバラの動きをしているようなもので、うまく前に進むことができません。

ドラッカー マネジメント 図解 意思決定 2

トップマネジメントが行う一回の意思決定も重要ですが、それ以外で行われる意思決定も、ひとつひとつは小さくても間違いが積み重なれば、組織の命運を左右しかねません。

組織が前進するために、各階層の意思決定の整合性をとるにはどうしたらよいのでしょうか。それには、すべての意思決定を串刺しにする「何か」が必要になります。その「何か」について、ドラッカーは次のように述べています。

あらゆる組織において、共通のものの見方、理解、方向づけ、努力を実現するには、「われわれの事業は何か。何であるべきか」を定義することが不可欠である。(『マネジメント【エッセンシャル版】』より)

事業が明確に定義されることによって、自分たちが「やるべきこと」と「やらないこと」の線引きができ、それが意思決定の判断軸になります。

ドラッカー マネジメント 図解 意思決定 3

たとえばユニクロは「製造小売業(SPA)」を事業に成長してきました。それを今度は「情報製造小売業」と再定義しました。テクノロジーを用いた製造小売のあり方を示したもので、これが新しい意思決定の軸になります。

このように、トップマネジメントの大事な仕事のひとつが、自分たちの事業を定義することです。それから、定義した内容を組織に浸透させることになります。

企業の目的としての事業が十分に検討されていないことが、企業の挫折や失敗の最大の原因である。逆に、成功を収めている企業の成功は、「われわれの事業は何か」を問い、その問いに対する答えを考え、明確にすることによってもたらされている。(『マネジメント【エッセンシャル版】』より)

つづきを読む

次回は、企業の使命と事業の定義の関係についてまとめます。
次の記事:【ドラッカー図解】企業の使命と事業の定義

【ドラッカー図解】シリーズ目次

プロフィール

櫻田潤
櫻田 潤(さくらだ・じゅん)

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキングを運営。あわせて、インフォグラフィックのデザインも始める。2014年、NewsPicksにインフォグラフィック・エディターとして参画。ビジュアルを用いた記事を多数、執筆デザイン。2017年よりNewsPicksのクリエイティブを統括。著書に『たのしい インフォグラフィック入門』『シンプル・ビジュアル・プレゼンテーション』