インフォグラフィックができるまで

先日、アップル製品の歩みをまとめたインフォグラフィックを紹介しました。
POP CHART LABによるものなのですが、その制作舞台裏がこちらに載っており、インフォグラフィック制作のヒントになりそうです。

まず、アップル製品に関するデータを集めてExcelで整理するところから始まります。

次にインフォグラフィックの最初のバージョン(ドラフト版)を作ります。これはだいたいの場合、OmniGraffleというソフトを使うみたいですが、今回の場合は、Illustratorを使用したとあります。

インフォグラフィックができるまで1

ドラフト版をもとに考察を加え、スケッチで考えます。

インフォグラフィックができるまで2

つづいてOmniGraffleに戻って作業します。
ここで問題となるのが、それぞれの製品をどんな大きさで表現するかです。
Excelでそれをシミュレーションして決め、OmniGraffleでドラフト版に反映します。

インフォグラフィックができるまで3

OmniGraffleで調整を加えた後、最後にIllustratorでデザインを完成させます。

インフォグラフィックができるまで 完成

via Co. Design

プロフィール

櫻田潤
櫻田 潤(さくらだ・じゅん)

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキングを運営。あわせて、インフォグラフィックのデザインも始める。2014年、NewsPicksにインフォグラフィック・エディターとして参画。ビジュアルを用いた記事を多数、執筆デザイン。2017年よりNewsPicksのクリエイティブを統括。著書に『たのしい インフォグラフィック入門』『シンプル・ビジュアル・プレゼンテーション』