ドラッカー図解: リーダーを選ぶとき、何を見るか

P.F.ドラッカー著書「非営利組織の経営」を図で理解するシリーズ。シリーズ5番目の記事を表示中。シリーズ目次はこちら

前回の記事では、「イノベーション成功のためのインフラ」に関して図にしました。
今回はリーダーを選ぶ際に見るポイントについてまとめたいと思います。

ドラッカーは次のように述べています。

第一に、その人が何をしてきたか、何がその人の強みかを見る。たいていの選考委員会が、候補者の弱みに注意を払いすぎている。何が得意かはあまり見ない。(中略)まず見るべきは強みである。成果をあげるのは強みによってである。したがって、その人が自らの強みを活かして何をしてきたかを見なければならない。

図5: リーダー選びで見るポイント

ドラッカー 非営利組織の経営 図5

大きくは3つですが、3つ目の「真摯さ」については、ドラッカーが「リーダーの基本的能力」と書いているものをベースに4つ説明を付加しました。

書籍参考ページ

今回の記事は、「非営利組織の経営」(Amazonで見る)の17〜24ページをもとに書いています。

記事に関係する本

プロフィール

櫻田潤
櫻田 潤(さくらだ・じゅん)

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキングを運営。あわせて、インフォグラフィックのデザインも始める。2014年、NewsPicksにインフォグラフィック・エディターとして参画。ビジュアルを用いた記事を多数、執筆デザイン。2017年よりNewsPicksの全体クリエイティブを統括。著書に『たのしい インフォグラフィック入門』『シンプル・ビジュアル・プレゼンテーション』