ピックアップ

100年間を視覚化。アメリカの所得税率推移

アメリカの所得税率推移(1910〜2010年)をまとめたビジュアライゼーションを紹介します。

U.S. Income Tax Brackets: 1910-2010

アメリカ 所得税率 データビジュアライゼーション
© Stephen Von Worley

縦軸が申告所得、横軸が納税年度となっていて、色の変化で税率を表しています。
黄が高い税率、赤が中間、黒が低い税率で、1950年代、60年代に高所得者の所得税率が90%となっているのが特徴的です。

色を使うことで、3つの切り口(申告所得・納税年度・税率)を上手く表現しています。

via Cool Infographics

プロフィール

櫻田潤

櫻田 潤

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキング運営開始。2014年12月よりNewsPicks編集部でインフォグラフィックス・エディターとして記事執筆。研修・インベント講師や書籍執筆も行なっている。著書に『たのしいインフォグラフィック入門』ほか。

28 Apr, 2010