ドラッカー図解: 組織とは、マネジメントとは

P.F.ドラッカー著書「【エッセンシャル版】マネジメント 基本と原則」を図で理解するシリーズ。シリーズ中1番目の記事を表示中。シリーズ目次はこちら

組織とは?
マネジメントとは?
その問いに答えてくれたのがドラッカーでした。

図1: 組織とは、マネジメントとは

ドラッカー「マネジメント」図解1

組織とは

組織はその成果を通じて、社会に貢献します。
組織は存在そのものに価値があるのではなく、その成果に価値があります。

マネジメントとは

マネジメントは組織に成果をあげさせるための機関です。

つづいてそこに、個人を加えたのが次の図です。

図3: 個人 – 組織・マネジメント – 社会の関係

ドラッカー「マネジメント」図解3

個人は組織を通じて、自己実現をします。
組織は個人に生活のもととなるお金や社会的地位、社会における役割、自己実現の機会、社会貢献の機会を与えます。

一方、組織は社会に貢献することで、社会は組織に「自由と尊厳」を与えます。
あるいは自由を認めざるを得なくなります。

その結果、組織は全体主義から組織そのものとそこに属する個人を守ってくれます。
マネジメントは組織に成果をあげさせる機関なので、
言ってみれば全体主義に代わって僕らを生(活)かす存在と言えます。

全体主義とは

一人一人の自由・権利を無視しても国家の利益・全体の利益が優先される政治原理、およびその原理からなされる主張

全体主義 – Wikipediaより)

記事に関係する本

もっと読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドラッカー図解シリーズ 電子書籍 ビジュアルシンキング

関連記事

Top