特別企画

【ドラッカー図解】事業の定義と発展

ドラッカー著『マネジメント【エッセンシャル版】』を図解するシリーズ。シリーズ目次はこちら

前の記事では「企業の使命」と「事業の定義」の関係を図にしました。今回は事業を発展させるにはどうしたらいいのか、まとめたいと思います。

定義した事業は、見直しをかけることで発展します。反対に、見直しをかけなければ事業は陳腐化してしまいます。人口構造の変化を筆頭に、事業を取り巻く状況は刻々と変化するからです。

図19: 事業の定義と発展

ドラッカー「マネジメント」図解19

事業見直しのポイントは2つ、変化にどう適応するか、変化をどう機会とするかです。いずれにせよ、環境の変化を予測し、事業を発展させていきます。

図20: 事業再定義の流れ

ドラッカー「マネジメント」図解20

環境の変化が、最初に定義した事業の追い風となるような変化であれば、「事業の廃棄」はいらないのかもしれません。しかし「事業を廃棄すべきか」繰り返し問うことで、事業は強化されます。「事業を廃棄すべきか」という問いは、「企業の使命」と事業に生じた不一致に気づかせてくれるからです。

廃棄対象となる事業は、「企業の使命」に合わなくなってきたり、環境の変化によって、顧客に満足を与えなくなってきた、あるいは満足を与えなくなりそうな事業です。既存事業を分析して、見極めます。

事業は「企業の使命」によって定義され、「環境の変化」によって再定義されます。

次の記事:【ドラッカー図解】事業の目標

【ドラッカー図解】シリーズ目次

プロフィール

櫻田潤

櫻田 潤

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキング運営開始。2014年12月よりNewsPicks編集部でインフォグラフィックス・エディターとして記事執筆。研修・インベント講師や書籍執筆も行なっている。著書に『たのしいインフォグラフィック入門』ほか。

05 May, 2010