村上春樹長編12作品Amazon各国レビュー数比較

村上春樹作品は多数の言語に翻訳され、海外にファンが多いと聞きます。
そこで今回は、村上春樹作品のうち長編小説の各国Amazonレビュー数を比較してみました。

村上春樹長編12作品Amazon各国レビュー数比較

インフォグラフィックス 村上春樹長編12作品Amazon各国レビュー数比較
[フルサイズで見る]

比較したのは、Amazonの9ヵ国版です。

各国Amazonレビュー

Amazonレビュー数が、村上春樹小説の海外人気のすべてを現しているとは言い切れませんが、一つの見方として、面白い結果となりました。

際立ってレビュー数が多かったのは、「ノルウェイの森」で、中国では1,135レビュー(2位は日本で532レビュー)ありました。

インフォグラフィックス 村上春樹作品各国レビュー数比較 ノルウェイの森

人口数も影響しているとは思いますが、日本が12作品中3作品でしかレビュー数トップにならなかったのは意外でした。
なお、「ノルウェイの森」のように上下巻になっているものは合算して集計しています。

インフォグラフィックス 村上春樹長編12作品Amazon各国レビュー数比較 拡大

各国Amazonにおいて、特に村上春樹作品の関心が高いのは日本、中国、アメリカの3ヵ国で、それに続くのがカナダ、イギリス、ドイツ。
レビューが少ないのは、フランス、イタリア、スペインでした。

インフォグラフィックス 村上春樹長編12作品Amazon各国レビュー数比較 拡大 2

データ集計は、2012年3月31日と4月1日に行いました。

制作プロセス

制作プロセス その1
制作プロセス その2
制作プロセス その3

プロフィール

櫻田潤
櫻田 潤(さくらだ・じゅん)

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキングを運営。あわせて、インフォグラフィックのデザインも始める。2014年、NewsPicksにインフォグラフィック・エディターとして参画。ビジュアルを用いた記事を多数、執筆デザイン。2017年よりNewsPicksのクリエイティブを統括。著書に『たのしい インフォグラフィック入門』『図で考える。シンプルになる。』ほか。