ピックアップ

インフォグラフィックス制作プロセス その1(村上春樹長編12作品Amazon各国レビュー数比較篇)

先日、公開したインフォグラフィックス「村上春樹長編12作品Amazon各国レビュー数比較」は制作の過程で、当初考えていたものとだいぶ異なったアウトプットが出来上がりました。
制作に時間もかかってしまったのですが、その理由もわかるように、数回に分けて制作プロセスを書きます。

当初のもくろみ: 「ノルウェイの森」フォーマットを変え、世界中に

インフォグラフィックス制作プロセス #1 全体イメージ

当初作りたいと思ったのは、「ノルウェイの森」というタイトル作品がフォーマットを変えて、世界中に広がる様子です。
ビートルズ(イギリス)の音楽に始まり、それが村上春樹作品(日本)にインスピレーションを与え、トラン・アン・ユン監督によって映画化され、各国で上映されているようでしたので、世界地図を使って「ノルウェイの森」が拡散する様子を視覚化したら面白いと考えました。

作成にあたって欲しかったのは次の情報でした。

1.ビートルズ作品「ラバー・ソウル」について

インフォグラフィックス制作プロセス #1 データ収集 1

「ノルウェイの森」が収録されているアルバム「ラバー・ソウル」に関する情報を集めたいと思いました。

なぜこのタイトルが生まれたのかは、Wikipediaに諸説載っていました。
ノルウェーの森 – Wikipedia

それから、「ラバー・ソウル」がどの国で現地盤として販売されていて、どの国で人気か、など。
残念ながら、この情報をうまく収集することができませんでした。

2.村上春樹作品「ノルウェイの森」について

インフォグラフィックス制作プロセス #1 データ収集 2

小説「ノルウェイの森」がどの国で出版され、どの国で人気か。

Wikipediaには翻訳されている言語が抜粋で載っているのみで、情報が足りませんでした。
ノルウェイの森 – Wikipedia

続いて映画.comの記事に36言語に翻訳されていることが記載されていましたが、詳細はわかりませんでした。

次に、きっと海外で出版するにあたり、エージェントがいると考え、その情報を探すうちに、翻訳権に関するページに辿り着きましたが、実際、どの言語に翻訳されたのかまではわかりませんでした。

最終的に辿り着いたがのが映画「ノルウェイの森」の公式サイトにある原作情報です。
原作情報 – 映画「ノルウェイの森」

ここに翻訳された言語がリストアップされていました。
これでうまくいったと思ったのですが、別の問題につまずきました。
それは、翻訳言語 = 出版国ではないという点です。

たとえば英語版は、アメリカやイギリスだけで出版されたとみなしていいのか、フランス語版はフランスのみで出版されたと考えていいのかなどです。
ためしにWikipediaで「フランス語」を見ると、フランス以外にもたとえばスイスやセネガル、カメルーンなど各国で使用されていることが載っていました。

言語と公用語の関係を途中まで表にまとめてみましたが、公用語になっている国を調べたところで、出版国はわからないと思い、それは中断しました。

インフォグラフィックス制作プロセス #1 データ収集 2.5

結局、「ノルウェイの森」が出版された国のリストを見つけることはできませんでした。

3.映画「ノルウェイの森」について

インフォグラフィックス制作プロセス #1 データ収集 3

欲しい情報は、映画「ノルウェイの森」がどの国で上映され、どの国で人気か。

最初にWikipediaで手がかりとなる情報を見つけました。

ウクライナ、ロシア、ノルウェーなど世界50カ国地域での配給も決定している。

次に、じゃあその50ヵ国はどこなのか、を調べる必要がありましたが、この調査もうまくいきませんでした。

初期調査の成果

初期段階の調査でまともに得られたのは、小説「ノルウェイの森」が翻訳された言語だけでした。

英語、アイスランド語、アラビア語、アルバニア語、イタリア語、エストニア語、オランダ語、カタルーニャ語、ギリシャ語、クロアチア語、スウェーデン語、スペイン語、スロベニア語、セルビア語、チェコ語、デンマーク語、ドイツ語、トルコ語、ノルウェイ語、ハンガリー語、フランス語、ブルガリア語、ヘブライ語、ボスニア語、ポーランド語、ポルトガル語、ラトビア語、リトアニア語、ルーマニア語、ロシア語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、タイ語、インドネシア語、ヴェトナム語

それで、「ノルウェイの森」がフォーマットを変えて、世界中を旅する様子を視覚化するのは難しいという結論に達しました。

次回記事では、どのように方向転換したのかについて書こうと思います。

完成形

村上春樹長編12作品Amazon各国レビュー数比較

制作プロセス

制作プロセス その1(この記事)
制作プロセス その2
制作プロセス その3

プロフィール

櫻田潤

櫻田 潤

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキング運営開始。2014年12月よりNewsPicks編集部でインフォグラフィックス・エディターとして記事執筆。研修・インベント講師や書籍執筆も行なっている。著書に『たのしいインフォグラフィック入門』ほか。

15 Apr, 2012