ピックアップ

インフォグラフィックス制作プロセス その2(村上春樹長編12作品Amazon各国レビュー数比較篇)

自作インフォグラフィックス「村上春樹長編12作品Amazon各国レビュー数比較」制作プロセス その2です。

制作プロセス その1では、当初のプランに必要なデータが集まらなかったことを書きました。
収集できたのは小説「ノルウェイの森」が翻訳された言語のリストでした。

そのデータを使うのか、あるいは別のデータを使うのかなど、今回はそこからどう方向性を模索したかを書きます。

模索1: 「ノルウェイの森」に関係する国々

インフォグラフィックス制作プロセス 1

初期データ収集をした際、「ノルウェイの森」の各フォーマット(音楽・小説・映画)が生まれる過程で、いくつかの国が関係していることがわかりました。

音楽「ノルウェイの森」

・タイトルの由来にノルウェイが関係
・インドの楽器シタールを使用
・イギリスのスタジオで録音

小説「ノルウェイの森」

・主人公がドイツに向かうシーンで始まる
・ギリシャやイタリアで執筆

映画「ノルウェイの森」

・トラン・アン・ユン脚本・監督はベトナム出身
・トラン・アン・ユン脚本・監督はフランス語版「ノルウェイの森」を読んだ
・撮影は日本で行われた

これらのことを世界地図上でまとめて表現したらどうだろうと思いましたが、情報のボリュームが少ない上に、関係性が薄い事柄をひとつのグラフィックにしただけになってしまうので、やめました。

模索2: 小説「ノルウェイの森」以外の翻訳状況

インフォグラフィックス制作プロセス 5

この時点で「ノルウェイの森」に関する情報だけで何かを表現するのは難しいと思い、村上春樹作品の他の小説に目を向けることにしました。

それで、「ノルウェイの森」以外の翻訳状況を長編小説に絞って、調べることにしました。

しばらく調査をした段階で、12作品すべての翻訳状況を見つけるのは難しいことがわかってきました。

しかし、その調査の仮定で、Amazonで、たとえば中国語版「ノルウェイの森」があるかなど調べているうちに、各国Amazonでの村上作品の評判であれば、データを集められると思いました。

模索3: 村上春樹長編12作品各国Amazonデータ調査

インフォグラフィックス制作プロセス 2

まずは各国のAmazonで「Haruki Murakami」あるいは「村上春樹」と著者名で検索し、各国語の著書リストをExcelで作りました。

インフォグラフィックス制作プロセス 4

このリストができたら、次にレビュー数を表にしていきました。

インフォグラフィックス制作プロセス 3

このデータ収集もうまくいき、各国Amazonのレビュー数やレビュー内容(星五つなど)を比較するインフォグラフィックスを作ったら面白いと思うようになりました。

次回記事では、集めたデータをもとにどう表現に落とし込んでいったかについて書こうと思います。

完成形

村上春樹長編12作品Amazon各国レビュー数比較

制作プロセス

制作プロセス その1
制作プロセス その2(この記事)
制作プロセス その3

プロフィール

櫻田潤

櫻田 潤

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキング運営開始。2014年12月よりNewsPicks編集部でインフォグラフィックス・エディターとして記事執筆。研修・インベント講師や書籍執筆も行なっている。著書に『たのしいインフォグラフィック入門』ほか。

25 Apr, 2012