色と文化の関係をまとめたインフォグラフィック

色が持つ意味合いは、文化圏によって異なります。
たとえば日本では、「赤」から「LOVE」を連想しますが、ヒンドゥーで「LOVE」を連想させるのは「緑」です。

このような色と文化の関係をまとめたインフォグラフィック「Colours In Cultures」を紹介します。

Colours In Cultures

色 文化 関係 インフォグラフィック
© David McCandless , AlwaysWithHonor.com

数字(1〜84)で「9:Children」「53:Love」「58:Money」など言葉を定義。アルファベット(A〜J)で文化圏を定義しています。

色 文化 関係 インフォグラフィック 2

数字、アルファベット、色を組み合わせることで、この言葉はこの文化圏ではこの色というように、関係性を表現しています。

色 文化 関係 インフォグラフィック 3

30ドルでポスターの販売も。
Colours In Cultures PRE-ORDER(Information Is Beautiful Store)

Peter Saville(ピーター・サヴィル)の作品を思い起こさせるインフォグラフィック。

via Information Is Beautiful

プロフィール

櫻田潤
櫻田 潤(さくらだ・じゅん)

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキングを運営。あわせて、インフォグラフィックのデザインも始める。2014年、NewsPicksにインフォグラフィック・エディターとして参画。ビジュアルを用いた記事を多数、執筆デザイン。2017年よりNewsPicksのクリエイティブを統括。著書に『たのしい インフォグラフィック入門』『シンプル・ビジュアル・プレゼンテーション』