プレゼンテーション資料の制作もデザイナーが担う

バルセロナを拠点とするデザイン・スタジオ「Brava Büro」を紹介します。

Brava Büro

Brava Büro

ロゴやエディトリアル・デザイン、ウェブサイトやアプリのデザインと合わせて、インフォグラフィックス制作も行っています。

brava 2

非常に良いなぁと思ったのは、制作物の一つとしてプレゼンテーション資料も制作一覧に載せているところ。

CIデザインの一環として、プレゼンテーション資料のテンプレートをデザイン会社が手がけることはあると思いますが、制作実績として掲載しているところは少ないのではないでしょうか。

たとえば、スイスのリサーチ・エージェンシー「Lift Lab」の案件では、プレゼンテーション資料のテンプレート制作と、色やレイアウトに関するレギュレーション策定を行っています。

テンプレート例

brava 3

brava 4

色に関する規定

brava 5

棒グラフに関する規定

brava 6

ドイツの「SONTEC」の案件でもウェブサイトのデザインに加え、PowerPointのテンプレート制作とレギュレーション策定を手がけています。

brava 7

プレゼンテーション資料用の図解テンプレートを販売するオンライン・ストア(紹介記事)や、目的別にどのグラフが適しているか教えてくれるツール(紹介記事)が登場してきていることと合わせて考えると、デザインの対象が広がってきていると感じます。

デザイン会社がプレゼンテーション資料の制作だけをメインにしていくことは難しいかもしれませんが、データや情報の見せ方という点で、インフォグラフィックス制作、図解制作を含めていけばビジネスとして成り立つ可能性はあるような気がします。

一つ制作して終わりというよりは、FacebookやTumblr、Pinterestといったグラフィックが力を発揮するSNSに投稿するコンテンツの継続制作も合わせての提案が良さそうです。

もちろん、そこをデザイナーに依頼しないで自社内で行うケースも出てくると思いますが、コンテンツ・マーケティングはデザイナーにとって新たな活躍のフィールドになるんじゃないか、そんなことを思います。

デザイナーがやれそうなこと

・プレゼンテーション資料の制作
・プレスリリースの制作(図版・グラフを用いるなど)
・インフォグラフィックス制作
・Webコンテンツ向けの図版制作

プロフィール

櫻田潤
櫻田 潤(さくらだ・じゅん)

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキングを運営。あわせて、インフォグラフィックのデザインも始める。2014年、NewsPicksにインフォグラフィック・エディターとして参画。ビジュアルを用いた記事を多数、執筆デザイン。2017年よりNewsPicksの全体クリエイティブを統括。著書に『たのしい インフォグラフィック入門』『シンプル・ビジュアル・プレゼンテーション』