ピックアップ

インフォグラフィックスのレイアウト勉強(題材「TRUE COLORS」)

インフォグラフィックスを多数制作しているColumn FiveFacebookのオフィシャル・インフォグラフィックスも制作)の制作物を題材に、インフォグラフィックスのレイアウト、構成を学ぼうと思います。

今回、取り上げる作品は「TRUE COLORS」
ブランドのイメージ・カラーと産業の関係をまとめたものです。

TRUE COLORSのレイアウト・構成

インフォグラフィックス レイアウト

要素を縦に積み上げていくスタイルのインフォグラフィックスです。

「メインタイトル」の次に概要(グラフ)、段々と細かい内容に移っていき、詳細情報へとストーリーが展開します。

「見出し」とブロックでところどころ区切ることで、どこが情報の境目かがわかるようになっています。

最後のパートは、同じレイアウトのブロックの繰り返しが続きますが、ブロックごとに異なる色彩になっており、アクセントがあります。

フッターには、情報のソースと制作者クレジットがあります。

主なグラフィック要素は「グラフ」と「ピクトグラム」だけですが、テキストのみの情報と比べ、直感的に楽しむことができます。

題材のインフォグラフィックスはこちらで大きく見れますので、見てみてくださいね。

プロフィール

櫻田潤

櫻田 潤

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキング運営開始。2014年12月よりNewsPicks編集部でインフォグラフィックス・エディターとして記事執筆。研修・インベント講師や書籍執筆も行なっている。著書に『たのしいインフォグラフィック入門』ほか。

02 Jul, 2012