ピックアップ

図の4つの力

「図解」の目的は、「図」を用いて課題や欲求を「解決」することです。
「物事を理解したい」「誰かに物事を伝えなくてはならない」といった欲求・課題に僕たちは日々直面します。

「図」が持つ4つのチカラを通じて、それらの課題を「解決」に導くのが「図解」だと考えています。

図のチカラ1 – 理解する

本を読んだり、人の話を聞くなどしてインプットされた情報は「図」を使うと「整理」できます。
情報は、「整理」することで、「理解」でき、自分のものになります。

図のチカラ2 – 共有する

「理解」した情報を人に説明するときに「図」は役立ちます。
言葉だけでは伝わりにくかったことが「図」を活用すると、相手がイメージし易くなり、情報の「共有」が円滑になります。

図のチカラ3 – 発想する

「図」に要素を付け足したり、あるいは減らしたり、別の要素に替えてみたりすることで、アイデアの「発想」が行えます。
複数の人で何かを考える際も「図」は効果的です。

図のチカラ4 – 再利用する

過去に作った「図」は、後から取り出して、内容を思い出したり、また別の課題に役立てたりと情報の「再利用」に役立ちます。

図のチカラ まとめ – 解決する

4つのチカラは、それぞれが単独または複合的に機能して、皆さんの抱える「課題」を「解決」してくれます。

(本記事は、2010年5月に公開した記事の再掲です)

プロフィール

櫻田潤

櫻田 潤

プログラマー、システムエンジニア、ウェブデザイナーを経て、2010年よりビジュアルシンキング運営開始。2014年12月よりNewsPicks編集部でインフォグラフィックス・エディターとして記事執筆。研修・インベント講師や書籍執筆も行なっている。著書に『たのしいインフォグラフィック入門』ほか。

22 Oct, 2012