誰がインフォグラフィックを作るのか

インフォグラフィックは新聞・雑誌など紙媒体を中心に、古くからある表現です。その一方でインフォグラフィックを専門にする人はそれほどいません。多くは、グラフィック・デザイナーが数あるデザイン業務の一環で請け負ってきました。

その場合、グラフィック・デザイナーはインフォグラフィック制作フローのすべてを担当するわけではなく、発注者が固めた内容に対して「ビジュアル制作」のみを行うという仕事になりがちです。

インフォグラフィック デザイナー

そのため「Webデザイナー」のように職種が生まれることはなく、インフォグラフィックの専門家はごく限られた存在でした。

ではその限られた専門家は、どのような人たちでしょうか?

経済学者とデザイナーのチーム

1930年代、統計情報を伝えるための表現手段として、社会経済学者のオットー・ノイラートが版画家でありデザイナーのゲルト・アルンツらと協力して、「アイソタイプ」(国際絵ことば)の設計に取り組みました。

アイソタイプ 1
Gerd Arntz Web Archive
アイソタイプ 2
Gerd Arntz Web Archive

ソース:『インフォグラフィックの潮流(永原康史著)』

グラフィック・ジャーナリスト

1970年代、イギリスの大衆紙『サンデータイムズ』で働いていたピーター・サリヴァンは、ニュースを伝えるためにグラフィックを大きく扱った紙面づくりを行い(ニュースグラフィック)、それまでの常識(テキスト主体の紙面レイアウト)に変革を起こしました。

Peter Sullivan News Graphics

彼は積極的にエディターの領域に入っていき、従来のグラフィック・デザイナーではくくれない仕事をしていました。

インフォグラフィック デザイナー 仕事

ソース:『インフォグラフィックの潮流(永原康史著)』

グラフィック・エディター

ピーター・サリヴァンがつくった流れはメディアに根づき、その後のデジタルメディアにも受け継がれていきます。

ワシントン・ポストの例

ワシントンポスト インフォグラフィック
Washington Post Information Graphics

2014年創刊のデジタルメディア「Vox」もそのひとつで、The Boston GlobeやLos Angeles Timesで経験をつんだJavier Zarracinaをグラフィック・エディターに迎え入れています。

Vox Graphic Editor Javier Zarracina

vox graphics editor

グラフィック・エディターの中には、新聞で見られるようなイラストを主体にした表現を得意とする人、デジタルを得意とする人、プログラムを活かした表現を行う人など、多様なバックグラウンドをもった人材がいます。

彼らに共通するのは、ビジュアルを記事の挿絵として捉えるのではなく、記事の主役をビジュアルにし、それを補足するためにテキストを用いている点です。

インフォグラフィック専門のクリエイティブ・エージェンシー

「インフォグラフィックとは」で書いたように、2010年前後をターニングポイントにオンラインでのインフォグラフィック活用が広がりました。その結果、デザインスタジオの中には、インフォグラフィックを専門とするところも現れ、職業になってきました。

それはグラフィック・デザイナーからWebデザイナー、WebデザイナーからUIデザイナーが生まれたのと似ています。その代表格が、アメリカを拠点とする「Column Five」です。

Column Five インフォグラフィック デザイナー

2009年に創業し、ソニーやペプシコ、マイクロソフト、フェイスブックなど大手クライアントのインフォグラフィックを手がけてきました。

Microsoft インフォグラフィック
image by Column Five

彼らはインフォグラフィックのアプローチを使って、モーション・グラフィクスやインタラクティブ・コンテンツ、プレゼンテーション・デザインの仕事も行っています。

モーション・グラフィクスの例

インフォグラフィックのクラウドソーシング

2011年にインフォグラフィックの作品投稿・共有サービスとしてスタートした「Visual.ly」は、徐々にサービスを拡大し、インフォグラフィックを活用したいクライアントと制作者の仲介も行うようになりました。

Visual.ly インフォグラフィック クラウドソーシング

デザイン全般のクラウドソーシングは他にもありますが、Visual.lyはインフォグラフィックとその周辺表現に専門特化したことで、「インフォグラフィック」を他のグラフィック制作とは別の仕事にしました。

自分でインフォグラフィックをつくる

インフォグラフィックを活用したいというニーズの高まりに対して、インフォグラフィック作成ツールを提供するサービスも複数生まれました。たとえば「infogr.am」もそのひとつです。

インフォグラフィック 作成ツール infogr.am

しかしインフォグラフィック作成ツール群は、従来のグラフィック・デザイナーに依頼していた「ビジュアル制作」工程の置き換えがほとんどです。

インフォグラフィック 作成 ツール

インフォグラフィック制作フロー全体をカバーできないため、ツールを使ったからと言って、よいインフォグラフィックが作れるわけではありません。

たのしいインフォグラフィック入門
【次ページ】ベスト・インフォグラフィックまとめ

インフォグラフィック概論目次

No. 内容
01 インフォグラフィックとは
02 “インフォ”グラフィックと“普通の”グラフィックの違い
03 インフォグラフィックの作り方
04 誰がインフォグラフィックを作るのか
05 ベスト・インフォグラフィック
06 インフォグラフィック制作の参考書まとめ