見事なコンテンツ戦略。チャートとTweet主体で記事をつくったQuartz

これまでも新興メディア「Quartz」のチャートへの取り組みを伝えてきました。
チャートは我々にとっての猫画像だ。Quartzの戦略
2014年にQuartzとFiveThirtyEightはチャートをいくつ作ったか
Quartz初の「チャート・オブ・ザ・イヤー」が決定
Quartzがチャート・オブ・ザ・イヤーを選考。Quartzが考えるチャート活用の8つの指針

そのQuartzが、アメリカの8月失業率に関する記事でまた新しい試みをしていました。
We’re live-charting the pretty darn decent August jobs report

新興メディア Quartz チャート 1

面白いと感じたのは、この部分。

新興メディア Quartz チャート 2

Twitterに投稿されたチャートを集めて、記事を構成しています(Quartz関係者のTweetだけではなく、BloombergやReutersなど他メディアのチャートTweetも記事で利用)。

Quartz チャート記事

チャートを記事に利用することや、Tweetを記事に埋め込むことは珍しくありません。新しさを感じたのは、この2つが組み合わさったチャートTweetをふんだんに使って記事を構成したところ。

この記事で使われたチャートは先に速報として、Twitterでフローコンテンツにしています。それがまとまったら第2報として記事化。

Quartz チャート Tweet

ソーシャルメディアにあった形でコンテンツを届けている点は、BuzzFeedのようであり、その後、フロー用のコンテンツをリパッケージして記事コンテンツ化している点ではBuzzFeedの分散型の思想をQuartzなりにアレンジしています。

さらにチャートは、チャート・ポータルの「Atlas」にも格納され、ストック型の統計データにもなります。

新興メディア Quartz チャート 3