ペイパル・マフィアまとめ(ビジュアライゼーション)

人材輩出で知られる「ペイパル」。ピーター・ティール、イーロン・マスクらペイパル出身者の影響力がわかる動的ビジュアライゼーションを紹介します。
Ventures of the PayPal Mafia – Fleximize

ペイパル・マフィア ビジュアライゼーション 1

PC版では顔写真をクリック、モバイル版ではスワイプでそれぞれの人物が関与したスタートアップを絞り込み表示できます。

たとえば、ピーター・ティールを選ぶと、

ペイパル・マフィア ビジュアライゼーション 2

円のサイズは投資の大きさ、色分けは役割を意味しています。
・オレンジ:創業者
・黄色:重役
・紫:アドバイザー
・緑:投資家

ペイパル・マフィア ビジュアライゼーション 3

ピーター・ティールの場合は、4社創業、2社のアドバイザー、53社に出資しています。

彼が初期投資家として名を連ねるFacebookをここから選択すると、リード・ホフマン(LinkedIn共同創業者)、イシャン・ウォング(Reddit元CEO)も関与していることがわかるようになっています。

ペイパル・マフィア ビジュアライゼーション 4

「ペイパル・マフィア」は、SpaceXのイーロン・マスク、LinkedInのリード・ホフマンほか、Yelp、Yammer、そしてYouTubeの立ち上げメンバーを出しています。

特にYouTubeの場合は、3人の共同創業者がペイパル出身者です。

ペイパル・マフィア ビジュアライゼーション 5

このビジュアライゼーションを公開しているのは、イギリスを拠点とするビジネス向け少額ローン・サービス運営のfleximize